ここから本文です

損切りで手放した後、また下がるというのは残念でもあるが良かったとも思える。
しかし、この先、余裕を持って新にタイミングが捉えられるというチャンスでもあると言う事だ。 
 二度と損切りはしまいと良く観察するからね。