ここから本文です

http://kitagoudou.org/?p=304
《テクノプロ》派遣の待遇改善に寄与していきたい
私は派遣会社テクノプロの派遣社員として今年の4月から池田市のダイハツ工業で働いています。派遣先の業務後に自宅で行なっている派遣元のWEB入力業務やメールチェック、小テスト、課題の作成などに費やしている時間外労働分の未払い賃金の支払いなどを求めて、10月11日に第1回目の団体交渉を行いました。テクノプロからはCSR推進部リスクマネジメント課の方が2人、私が所属している京都支店の支店長が出席されました。
テクノプロの主張は、「WEB上での勤怠入力とメールチェックは労働時間ではない」というものでした。しかし、勤怠入力は派遣先でタイムカードを通すだけというものではなく、自宅でWEBサイトにアクセスし毎日入力しなければならないので、積もり積もって結構な時間が取られます。メールチェックも毎日しなければならないし、返信が必要なものもあるので積もり積もると結構な時間が取られます。しかも、返信をしないと評価が下がり昇給や賞与に影響が出ます。社会全体で非正規雇用者が増える中、派遣会社の大手であるテクノプロのCSR(企業が倫理的観点から事業活動を通じて、自主的に社会に貢献する責任)を扱う方のこのような主張にはがっかりしました。引き続き交渉を行い派遣社員の待遇改善に寄与していきたいと思います。(西山)