ここから本文です

ここはね。今までにないパターン。海外、中国始めアジア各国でまず成功し、
それからの出戻りで日本凱旋なんですよね。

確かに自国なのにパブリッシャーは自分とこでやれよ!というご意見もあるで
しょうね。売り煽りはそこでも売り煽るけどw

でもね。エクストリームのIPビジネス契約を考えると当たり前でしょう。
そりゃそうでしょう。全世界での展開を考慮して紫龍と契約をしているのです
から。ただね。地域によって契約時期が違うということ。これが後に何を示すか。

下げるなら下げてイナゴを全て振るい落とせ。それから飛べ。龍よ。