IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>2517

失礼しました、話が抽象的で長くなりましたね。

要するに何故、中国資本の新興の紫龍が中国のみの配信のライセンス契約に止まらず、こちらの資料の通り、台湾、香港、マカオ、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポール、アメリカ、カナダ地域、これら、世界各国の配信ライセンスを同時に結んだのか?
この背景について、私含め皆さん非常に疑問に持たれているのでは?
更に日本版はこの時点では契約を結んでいないということですから。
恐らく中国のソシャゲ監督庁も他国のロイヤリティ率にまで干渉する事は無いのではと思います。

今回決算ではこの辺りの佐藤社長の経営者としての手腕を見極めるのが少々難しくならざるおえないぽいになっていますね。