ここから本文です

もちろん、ブルーオーシャンの度合いは年々低くなってますが、それでも開拓余地は大海原です。
大手が新規事業で参入しても、業績への影響は微々たるもの。しかしここは本業がこれだから、余程の大型投資でもしない限り増収増益基調は変わらないでしょう。
それが中小型グロース株の最大の魅力。かつてのセリアのように、増収増益である限り、株価は長期で右肩上がりとなります (^^)