ここから本文です

AI製品であるかどうかは別として、他の企業も採用の精度を上げたり、採用業務の効率化を図るような製品やサービスをリリースしており、その中でスザクはほとんどシェアを獲得できていない。要は多くの企業のニーズに合っていないということだろう。