IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

米国の金融危機に関してIMFが警鐘を鳴らいていますが、金融危機は今に始まったことではなくて数年前から識者の間で言われてきたことですから特別にあせって対処する必要があるわけではありません。このような危険性があることを認識して無理な投資をせず万一に備えることが大切です。

それから株価や為替の急落はある日突然起こるということは留意すべきです。有名な1987年10月に起こったいわゆるブラックマンデーでは、NYダウが1日で-22.6%も大暴落してパニックになりましたし、中国では近年株価暴落でサーキットブレーカーが作動して取引不能になったことが何度もあります。

為替危機でも最近トルコリラが突然大暴落したことは記憶に新しいことでしょう。

ですから株価暴落は予め対策が必要です。