ここから本文です

24時間無人営業のコインランドリーの機器を壊して現金を窃盗する輩の映像がテレビで放映されていました。こういう事件があると盗まれた現金の損害、壊された機器の修繕費用、そして営業再開までの機会損失費用がありますが、WASHハウス本部はフランチャイジーの被害に対し、どこまで補填するのでしょうか?
損害負担はすべてフランチャイジー持ちで、修繕費用には大幅な利益を載せてフランチャイジーに請求、営業できない間のロイヤリティーまで本部が巻き上げる、なんて極悪なことはやっていないと信じていますが、もともと窃盗被害に遭いやすい業態であることは明白であるにもかかわらず、この会社なら金儲けのために何でもやってしまいそうな気がしてなりません。