ここから本文です

【ばくち株に大事な金はダメよ。】

Aさんは会社を退職して退職金をもらいましたが、悠悠自適という生活にはほど遠い額です。
退職金の運用のセミナーも会社でやってくれましたが、景気のいい話は出てきません。

そんなとき、株がものすごく暴騰しているAppBankという会社がありました。
騰がっている株は、まだまだ騰がると誤解しがちです。
掲示板を見ると、株に詳しい○○さんという人が「AppBankはまだまだ伸びしろがある、5倍10倍は堅い、根拠はごにょごにょ。。。」
と、よくわからないですがこの株はまだまだ騰がるようです。
「せめて3倍になってくれれば、余裕ができる」とAさんはAppBank株を購入してしまいました。

その後しばらくAppBank株は騰がったり下がったり、
でも、Aさんは安心です、なぜなら下がっている理由が個人をはめ込んで、安く株を手に入れようとしている機関の空売りによるものであることを、掲示板で知ったからです。
「我慢して持っていれば5倍10倍になる株なんだ、元値の3倍になったところで私は売り抜けよう。そして悠悠自適な老後を送るんだ」
もう、Aさんはこのストーリーが現実となることしか考えられず、都合のいい話のみを信じるようになり、都合の悪い話は自分をだます売り煽りだ、だまされないぞとより一層、意固地になってしまいました。

しかし、騰がり続ける株などありません。
そもそもAppBank自体が一足飛びに事業拡大する計画を立てていたわけではなく、勝手に盛り上がった個人投資家の買いで超割高水準になっていたのですから、適正価格に収まっていく形で暴落してしまいました。景気のいい書き込みをしていたその道に詳しい人は、もう掲示板で見ることはなくなりました。
機関は割高な株を空売りしたことによって、順当に利益を得ようとしていたに過ぎなかったのです。

最後にAさんを掲示板で見た時には、「虎の子の退職金を投資したのに騙された、村井が株を上げる努力を怠ったからだ、みんなで損害賠償請求しよう」と書き込んでいましたが、その後はどうなったのか、誰も知りません。
おそらく、そろそろ自分が悪かったのだと気付いて悲嘆にくれていることでしょうが、後悔したところでAさんにもう次のチャンスなどないのです、残りの人生、いつまで働けるのか、という不安に駆られながら日銭を稼ぐ一生が待っています。

一歩引いてみれば、掲示板の書き込みを真に受けて大切な退職金を投資してしまうなんて、なんてバカな人だ、と思うかもしれません。
しかし、あなたはどうです。

ブランジスタは騰がるに違いないから、安全に○○倍にして売り抜けよう。
その金で楽になるんだ。

という妄想にとらわれてはいませんか?
そして、そんな大事な判断を、ネットの掲示板という全く責任の伴わない書き込みから得た情報を根拠にしていませんか?

そういう方は、AppBankの掲示板の過去ログを見ることをオススメします。
AppBankがFaceBookの時価総額になったら、株は○○円というような妄想が書き込まれています。

今から見れば噴飯ものですよね、
でもブランジスタの掲示板にも同じことが書いてありますよ。
ここの書き込みなんて、そんなレベルです。