IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

電子認証サービスのGMOグローバルサインと帝国データバンク(東京・港)は、それぞれ社印の電子版にあたる「eシール」の発行サービスを始める。eシールは請求書などの電子文書を保証する目的で利用され、政府は公的な認証の仕組みを2021年にも整える。企業の契約や取引文書で「脱ハンコ化」が進んでおり、電子署名などともに利用が広がりそうだ。

「eシール」は、企業が発行する請求書や領収書に押される社印の電子版..

//////////////////////

NEXT印鑑といわれる『eシール』。
2021年です。
術を持たない弁ちゃん、指を咥えて見ててね。