ここから本文です

スタジオ側に赤字を押し付けて請負金額はクソみたいな前年比プラスの月も出したようですが、肝心の次期以降の数字の基盤となる新規プランニングコース数が完全に臨界。

ただ以前はこれほどひどい数字を公開するときは何かしらの言い訳というかプロモーション(笑)モデルの押し付けがあったにも関わらず、今回は特になし。
これは本格的に計画倒産の恐れもあるのでは?
夢建人の二の舞がすぐそこに・・・

6085 - アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(株) スタジオ側に赤字を押し付けて請負金額はクソみたいな前年比プラスの月も出したようですが、肝心の次期以降