IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

TOPIX買い祭りが終わり現実に戻ったら再び不正会計問題が待ち受けています。一連の880万、2700万の架空売上の資金循環スキーム疑惑の外に更に新たな複数の疑惑が出てきたため、会社側は8月31日に、現在の特別調査委員会から、社外委員のみの第三者委員会に格上げして調査することを発表しました。調査内容は、新たな疑惑の事実確認、類似事案の有無、東証一部市場への変更に歳してなされた取引内容に疑義を生じさせた事実関係の確認です。関係資料の提出期限は、第16期有価証券報告書が9/30㈬、第17期第1四半期報告書が10/14㈭。会社としての業態は上向きで将来性があるのでカイスタンスですが、事態が重くなってきました。調査による波乱は避けられず、9月中に突っ込む場面がありそうです。要警戒注意してください。