IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

先日の株主総会での質疑応答部分をいくつか。

Q:株式分割はしないのですか?
A:流動性を重んじている。現時点では問題ない、やる必要が出たらやります。

Q:上期予想未達や下方修正の要因に大型案件の期ズレを挙げていたが
  今後も大型案件業務完了の期ズレは発生してくるのでしょうか?
A:期ズレはこれからも出てくると思う。(きっぱりと答えてました。)
  案件は我が社だけで完結するものではなく、お客様の計画もあるため
  期をまたいでズレることは今後もあると思います。
  今回の決算で「短期的な方」にはびっくりさせてしまったかもしれないが
  大型案件が消滅するということではないので、ぜひ長期で見て欲しい。

Q:アクティビスト側と仕掛けられた側のどちらにつくことが多いですか?
A:実はアクティビスト側につく業務は一切やっておらず、仕掛けられた側にのみ
  ついている。アクティビスト側は、なんとかIRJを味方に引き込みたいと
  思っているが、現時点ではアクティビスト側に与する方針はとっていない。

Q:人材獲得についての考えを教えてください。
A:採用人事は積極的に行っており、新卒では大変志の高い素晴らしい人材が
  獲得できている。中途採用市場は激戦区となっている。

Q:長期的に目指す市場規模(SRコンサルティング市場+LA市場+M&A市場)
  900億円の目標達成にはどのくらいの期間をみていますか?
A:10年や20年となると超長期ということになってしまう。
  (そんなに時間をかけるつもりは無いというニュアンスでした。)
  期限を明言することはできないが、1日でも早く達成したいという想い。

目標規模900億円の内訳は、証券代行市場(950億円)の目標シェア30%、
狭義のSR市場(250億円)の目標シェア90%、LA市場(2,000憶円)の目標シェア5%、M&A市場(6,000億円)の目標シェア5%で計算されていますが、
ぶっちぎりに大きいM&A市場でのシェアが増えれば規模は跳ね上がりますね。M&A市場は競合多数ですが、JOIBの活躍に期待したいです。