ここから本文です

「仕手株かそうでないかは、実績、将来伸びる展望もないのに意味もなく株価が上がってるかどうかで見るもんだよな。
レアジョブの場合、文教に入り込もうとしていて、そのノウハウも、Z会が取締役に2名参加することで入手できるなど、今後安定的な成長が見込まれるから、株価の上昇も妥当なんだよね。これまでと違い、数か月に渡って高騰した株価を維持してるのもそのため。」

と俺は書いた。今でも俺はその通りだと思ってる。だから高値掴みしてる人も、もし、この企業に成長する見込みがあると思えて、それが確信できるものであるなら、株価が下がってもいちいち神経質になる必要はないよ。確かに仕手はいるかもしれないが、ポテンシャルの高い企業であるなら、上下しながらいずれは株価が上がっていく。