ここから本文です

騰がる時はロケットの如く、落ちる時はナイフの如く・・・が、この銘柄の宿命だと思う。そういう意味でここのホルダーたる資格のある人間は、アホルダーだけでしょう。