ここから本文です

良い時の地合は関係なく、悪いときは連動する。株価対策もないため、機関は思い通りに操作可能。経営陣には自分達の処遇ばかりでなく、株主にも目を向けて欲しいもんだ。