ここから本文です

買いと売りはそれほど離す必要はありませんが、同じ方向なら3%程度離したほうがいいでしょう。
この方法は損切りを無くすための方法で利益は少ないものです。
しかしグノシーのような下がり一方の場合はやはり無理があります。
戻る可能性を見出せない場合はボックス相場の銘柄に変えましょう。