ここから本文です

「まさか!」の措置に衝撃受ける韓国の半導体業界  徹夜で対応に追われ、証券市場は評価割れる  2019.7.3(水)  玉置 直司  遺憾砲しかないと、なめてました、、