ここから本文です

業務内容的にはもうほぼ中国進出と予想。
不動産くくりで国内も成長市場だと思われてないから、オンリーワンの地位でガンガン行ってるのはチャンスですね。