ここから本文です

>>4

追記

短期的な市場評価は、
優良企業でも下落・低迷したままの場合もありますし、
実績はなく思惑だけで上昇・評価されていくこともあります。

今回は短期で急騰し過ぎた懸念が強くありますので、
人気投票のような感もあり、投票後は冷めていく可能性が高いと思いますし、
この会社の業務的にも短期投資家が好むような、
IRを連発しながら派手に仕掛けていくことはないと思います。

なので、現在の直近高値帯で利益確定をすることも重要な判断のひとつです。
市場評価は分かりませんので、全ては結果論となってしまいますが、
このまま上昇・下落もありえます。
ただ、短期上昇後は調整することが多いので、
このような上場来高値更新をしてくるような株価帯では
利益確定しながら押し目を狙っていくのが短期的には良いかと思います。

もちろん、今回の急騰から新たな株価ステージに入り上昇をしていくのも結構ですが、
まだまだ早すぎるというか、せっかく本当に大きく成長が期待できる企業なので、
短期上昇により荒らされていくことよりも、
堅実に実績を積み重ね、そして成長性を認識されて適正に評価をされていくことを希望します。
しかし、このような急騰・調整を繰り返しながらも、
本当に強い企業は長期的にも大相場を作っていきますし、
また長期的には必ずその企業価値が適正評価されることとなりますので、
自己投資ルールを徹底しながら長期的に注目を続けていきたいと思います。