IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>424

質問の意味が分からないw

10%の手数料売上がどっちの数字になるのか、って質問なのかな…?

ライトアップで再構築補助金を申請するには、まず月額3000円のJマッチサポート会員になる必要がある。(年間契約だから、この時点で一社辺り36000円の売上となる。)

また、ライトアップを通じて再構築補助金が採択された場合3%or10%の成功報酬を支払う必要がある。(恐らくほとんどの会社が10%なんじゃないかな?)

つまり、最初のJマッチサポート会員の月額36,000円はJSaaSに分類され、成功報酬はJコンサルに分類されるような気がするけれど、実際は分からないのでIRに問い合わせをしてください。まぁ、どっちに分類されようが、そこの部分は別に本質ではないと思うけどw


個人的には補助金が最終的に使えなかった会社からも36000円徴収できるって意味で中々頭の良いやり方だと思いましたw

知り合いの中小企業診断士に聞いたら、コンサル依頼受けても最終的に形にならない会社は結構多いらしく(申請まですることができない会社が半数以上)、こうした会社からもお金を徴収しているのは(もっと言えば、成功報酬だけじゃなく初期料金がかかるのにも関わらず、これだけの数の会社から申し込みがあったのは)、素晴らしい会社の成果だと思いました。

ライトアップが業界の中で、最も広範囲に渡って金融機関などと連携できていることの証左じゃないですか?



やってる事業の内容は分かり易いですが、如何せん利益がこれくらいになる、売上がこれくらいになるってのがイメージできなくて中々手を出しにくい銘柄なわけですが、経営者目線で行くと超ニッチ分野に特化させてその市場を独占しかけている、素晴らしい会社だなと感じます。

っていうか、当初のこの会社がやっていた事業から180°くらい業態を変更させているのに、ここまでの立ち位置に会社を持ってくることができたのは、経営陣になんらかの決心とか、熱意とか、そういうのが無いとこういう風に会社って変わらないし、そういう意味でも良い会社だと感じますね。結局、「こういうことやってるやるで!」っていう気持ちがある経営者がいる会社だけが最高に伸びてるって現実がありますしね。



by.株価400円(分割前800円)の時に2万株持ってて現在ノンホルの古参より