ここから本文です

第1四半期における構造計算出荷数は23棟(前期第1四半期実績12棟)となりました。

倍増で事業は順調でしょう。ただ、株価のバリュエーションとしては適温(若干加熱気味)かと。十分にプレミアムも乗った株価だし、また3桁まで落ちるなら買い増したいけど、この価格帯なら来年の本決算まで放置。