ここから本文です

本日の朝、病院から(私は現在事故で入院中です・・)
IR担当さんにお電話で色々とお聞きしました。
特筆すべき点は、
・日本ホスピスホールディングスのホスピス住宅の展開に関しては、土地オーナーに対して土地活用の一環としての提案をしている。
・居室数が平均して30室前後であるために広い土地を必要とせず、建物投資額(土地オーナーの負担)を低く抑える事が出来る。
そのため、立地条件の制約が少なく、ホスピス住宅の候補地をシビアに選ぶ必要がないため、新規施設の展開が比較的容易であるという点が特徴です。
とのこと。

また、この事業モデルを展開している上場企業は此処だけです。
今後も関東、中部以外にも展開を検討中(ほぼ固まっている模様)とのことです。