ここから本文です

ここはやり方が汚い。多分9月12日発表の7月保有有価証券含み損3.28億計上し、近く一部売却による自社株買いをし、株式売却益を計上し通期予想を弱冠上方修正を発表し公募若しくは分売を目論んでいるのでしょう。上場来安値公募価格の半値以下を大義名分にして、利益上げても株主に還元しないような企業は上方修正して公募、分売しても誰も見向きもしないでしょう。まあそれがアイモバイルの企業価値の向上なんでしょう。