ここから本文です

値嵩(ねがさ)株の反対語は低位株です。
(レノバは低位株です。)
一単元当たりの取引に必要な金額が百万円程度になると、値嵩株といわれます。
(任天堂は300万円いりますから値嵩株です)
値嵩株は日経平均株価への影響度が大きい場合が多く、相場が上向いてくると値嵩株の売買が増えるといわれています。

(レノバは日経平均株価への影響はまったくありません。) 三桁株です。
1日当たりの平均売買単価は相場の先行指標の1つとして知られています。
(任天堂は日本の経済を牽引しています。)