ここから本文です

>>173

別にこの会社の肩を持つわけじゃないけど、
前年同期の平成29年12月末も同じように現預金992(百万円、以下同)、仕掛販売用不動産6774から、3カ月後の平成30年3月期末には現預金3458、仕掛販売用不動産5445とかなりの分が現金回収されているんだよね。

「第4四半期会計期間における引渡し予定が多い状況ですが、売上高、利益ともに年間計画通りに推移しております」

だから、これは素直に信じていいと思うけどね。もし大幅な減益なんかをわかってて増配発表したのならそれはそれで十分な罰を下るわけだし。

この会社の将来性がどうかという話なら知らんけど。