ここから本文です

元々此処の社長さんは任意売却が得意な人で、その土地や価値等含め情報のサイジング化を測って事業を行っている。
任意売却ってのは、ローンが返済できなくなった場合、売却か競売の2択になるんだけれど、競売になると個人情報とかあったもんじゃないし、7割程度でしか売れないから売却の方が割かしメリットはある。
その上でその土地等を含め強み弱みを知って売買を行う事を強みにしているから、不動産に対しての情報を仕入れる事を強みとしている。

それにこの会社はCAGR(Compound Annual Growth Rate)年間平均成長率って言うんだけれど、2013-2017年まで44.8%と高成長率だし今期営業利益も予定で21億、来期も24億となっている(四季報だけれど)。そんな株が時価総額40億。

そして今後も日本は高齢化して空き家が出るだろうし、東京一極化を緩和するために都も300万迄出すとも言ってるのだから、この会社にとっては朗報。

っていっても、明日上がるか下がるかしか興味ないと思うだろうから、投機家さんは売ったほうが良い。