IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2月の月次レポートがアップされてますね。2月の下落は長期金利の急上昇に起因と整理されている模様。また、過去の経験では金利の短期的上昇があっても公益株は中長期で上昇してきたことを踏まえると、今回の下落は買い場のチャンス到来ではないか?という見立てをしているみたいです。銘柄組み換えに関しては、WECエナジー(米国総合公益)の投資価値評価が低く評価されていると判断して組入比率を上げた、とだけあり、最近この板で「銘柄組み換えがあったかも」というコメントも見られましたが、大幅な変更はしていないようですね。米国の1.9兆円経済対策が反転のきっかけになるかも、というコメントも見られましたが、今のところその通りの動きになっているように思えますし、今後も公益株への資金流入に期待したいところです。