IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

結論から言うと、2月26日の大幅下落が効いてしまっているのだと思います。2月26日はオープン直後から本ファンドの基準価格のカットオフ時刻のNY10時くらいにかけて1%くらい反発したあと、その後はなんでやねんというレベルの絶望的な下げ。引けでは26日のピークから3%近く下げたんじゃないでしょうかね?3月1日はご存知の通り公益株指数もオープン直後から大幅反発したのですが、NY10時くらいの値は残念ながら26日のNY10時の値に届かなかったので、その差が本日の基準価格にあらわれているのかと思います。昨年3月の暴落後、昨年11月頃にわずかにプラ転して、絶好の処分タイミングが訪れたのですが、欲を出してホールドしてしまい、今となってはとても悔やんでおります。