ここから本文です

>>373

私も同意見です。
過去の歴史からみると、景気サイクル終盤の兆候が強く出始めており、
米国株は利下げによる最後の上昇相場を演じているようにも見えます。

相場を主導しているのはヘッジファンドなどの大口投機筋でしょうが、
記録的な低VIXの中、特にリスクパリティ型ファンドが米国株を買い増していると思われます。
何らかの要因でVIXが上昇すると、彼らは一転して売りにくるので注意が必要です。

投機筋は上がるにしても下がるにしても値幅が大きいほど儲かるので、
次の暴落時の助走もかねて、とりあえず定石通りに上げておくという事でしょう。

もちろん将来の事など分かりませんが、仮に大きな暴落が訪れず、新たな上昇相場に突入したとしても、その時はトレンドに従って上げ続ければいいわけですし。

日本株が置き去りにされてるのが何とも悲しいですが(泣