ここから本文です

ここは、近視眼的にならずに、8月中旬に戻ってるだけと言い聞かせて、来週前半までは様子を見てみたい。この投信は確かに時代の要請に応えるものだと確信してる。