IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

問題は株価が長期に渡って下落した際に
必ず別な誘惑がある事。

例えば、下落しても入金し続ければ安く買えるから下落して欲しいと
長期投資を少し勉強した人なら誰もが考えるが、
実際は下落中は掲示板やニュースでネガティブな意見や見通しが飛び交い
果ては投資系YouTuberも「もう米国株を買うな」だとか「米国株ブーム終焉」だとかの動画を上げまくり煽り始める。

事実下落に関しては、実際に突入してしまうと
一寸先は闇でどこまで下がるかわからない、周りの不安煽りも手伝っていつ回復するかわからないという不安感が付き纏い
穴の空いた貯金箱にひたすら入金してる気分になる。

そんな中でつい気になってしまうのが
暴落中でも利益を出してるファンド、暴落中の影響が少ないファンド、未来予測が明るいファンド。
恐らくYouTuber等含めた外野は「これからは○○の時代」等とファンドを勧めて来る様になる。
それに乗り換える事が不正解な訳では無いが、やってしまうと結局の所最初に決めていた皆の考える長期投資は不成立になってしまう。

どう行動するのが正解かは結果論でしかわからないけど、
いかに長期投資を折れずに遂行するのが難しいかはイメージした方が良い。
確固たる意思をもってこれを続けるのもいいし、時代に沿って柔軟に行動するのもいいし 
この掲示板を見てるような人達は楽観視はしないで普段から考えた方がよい。
ここを見てるという時点で、僕も含め理想とされる
何も考えず死んだ人間のように機械的に入金といのは出来ていないから
情勢とかが気になってしまうタイプならそれはそれでもしもを想像して続けていくのが良い。

最強なのは案外、勧誘に乗せられて投資始めるようなネットでの情報収集だとか全く不可能なジジババだったりね