IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

この投信の事を調べてたら「長期の資産形成を目的とするなら、定期分配型ではなく、なるべく決算回数の少ないファンドを選ぶのが鉄則です。特に、毎月決算を行う毎月分配型は、運用効率の観点でおすすめできません。」という文言が楽天証券のトウシルに掲載されており、米国成長投信Bコースを進めてありました。実際の所、長期の資産形成では決算回数の少ないBコースを選んだがよいのですか?逆に言うとDコースのメリットとはなんでしょうか。どなたか教えて頂けると助かります。