IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

金融政策決定会合のあと記者会見した日銀の黒田総裁は、第2次安倍政権の経済政策、いわゆるアベノミクスは、経済の持続的な成長に大きな成果をもたらしたとしたうえで、「当面の最も重要な課題は新型コロナウイルスへの対応で、日本銀行としては強力な金融緩和措置により、企業などの資金繰り支援と金融市場の安定を引き続き政府としっかり連携しながら、政策運営を行っていきたい」と述べました。

政府との共同声明「変更必要なし」
また記者会見の中で黒田総裁は、デフレ脱却に向けて2%の物価上昇率を目標と定めた2013年1月の政府・日銀の共同声明について、「2%の物価安定の目標を変更する必要があるとは全く考えていない」と述べました。

とのこと