IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
ルミナー・テクノロジーズ - 株価チャート

13.32

-1.7(-11.20%)
  • 前日終値
    15.00(01/20)
  • 始値
    14.76(23:30)
  • 高値
    14.83(23:37)
  • 安値
    13.26(05:56)
  • 強く買いたい

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 658(最新)

    ゴリラ 1月22日 11:19

    SPAC、IPO、グロース今の環境には悪材料しかないです。利上げに鬼門の2月。10ドル割ることあり得ますね!新規で入る人はよく観察してワンチャンかけてみても面白い銘柄と思います🤣

  • >>654

    自分、それホンマに他人のツィッターのスクショあげて誹謗中傷しとったら告発されるで。
    ゴメンて一言言っときなよ。

  • 何回も言ってるけど、利上げされるんだから、下落は当たり前。
    SPAC銘柄なんだよ。
    13$割れてないだけいいと思う。
    他の銘柄は高値から1/15になってるのもあるから。
    バフェットは、過去最高に現金を持ってるらしいから、俺は去年全て売却した。
    バフェットを見習え。

  • 「ただいまーッ❗️」って、随分、元気よく、帰って来よったな😅

    とりあえず、「おかえり」言っとこか、?
    (はよ、「いってきますーッ」言わんかい(⊃ ̄_ ̄)⊃)

    $13の敷居だけは、跨がんといてや~。

    ほな。

  • いつもこうなるよなー。。Nvidiaの時もそう。 
    いくら好カード切っても、ちゃんとP/Lのパフォーマンス出るまではこんな感じだと思う。

  • なんで、ベンツとの提携でビックニュース出てるのに、下げるん?謎や・・・。地合いが悪いと納得させるしかないな。

  • 10ドル近辺では下がるし、流石に止まるかもね。
    あとは、消えるかやね(笑)
    夢は持てるかも。しかし5年後やな

  • スウェーデンボルボ、ドイツベンツと来ましたか。 
    フランス、イタリア、イギリス、ドイツ、韓国、中国、アメリカそして日本、自動車メーカーはまだまだいますよ。
    乗用車だけでなくトラック、バスも含めると可能性しかない。

  • 【テスラがLAZRのライダーを採用する理由】

    事故を招く

    テスラEV

    が世界中で売れれば

    【テスラ、起こるべくして起きた「中国トラブル」】

    4月23日

    【テスラ、中国でEV28万台リコール 自動運転に不具合】
    「モデル3」など、19年以降の現地販売の9割超

    6月26日

    【テスラ、中国で20万台リコール 米でも47万台超】

    12月31日

    【米テスラ 過去最大47万台余リコール ボンネットに不具合など】

    12月26日

    【テスラ、Model SとModel 3合計約50万台を米国でリコール。配線やボンネット取付けに不具合】

    12月31日

    【上海モーターショーで女性がテスラに抗議、展示車両にのぼり不具合訴え】

    4月22日

    【テスラの中国事業にまた難題、女性のデモが波紋】

    しかし、当のマスク氏は

    【テスラ車で10人が死亡も一切謝罪せずイーロン・マスク】

    10月12日

    と馬耳東風の傲岸不遜。

    結果、テスラに対する批判は、テスラEVが売れれば売れるほどに、世界中にテスラの悪評は千里を走り、テスラはその批判を交わす必要に迫られます。

    そこで、イーロン・マスク氏と曰くつきの仲のオースティン・ラッセル氏の出番です。

    【「LiDARに依存する自動運転車に未来はない」とイーロン・マスクが主張】

    2019年4月23日

    【テスラ、ルミナー製センサーを試験-「無用」と断じたマスク氏翻意か】

    2021年5月25日

    マスクCEOは過去に、LiDARは不要だとの少数派意見を声高に述べている。2019年4月には自動運転に関する投資家イベントで「LiDARは無用の長物だ」と言明「LiDARが頼りというのでは絶望的だ」と話していた。

    マスク氏は、テスラ開発者による

    「カメラは目でも何でもない」

    との反対を押し切り

    「人間が2つの目だけで運転できるから、車も2つのカメラだけで運転できる」

    と繰り返し、テスラEVに

    レーダーを搭載することを拒否

    したのです。そのマスク氏が厚顔無恥にも

    LAZRのLIDAR

    を試験してるのです。

    規制当局の規制を逃れるため

    規制当局の認可を得るため

    世界中で悪評渦巻くテスラへの批判を交わすため

    そして、マスク氏には些細なことでしょうが

    事故がないように

    テスラはLAZRのLiDARを採用します。

  • 【光学の天才Austin Russell、遂にNvidiaに降臨】

    11月9日、Nvidiaは不世出の天才ルミナーテクノロジーのCeo

    Austin Russell

    【日本人はまだ知らない世界が注目する「25歳の自力億万長者」の天才すぎる正体】

    と自動運転プラットフォームにLiDARスタートアップのテクノロジーを選択したと発表しました。

    FBがAMDのサーバー用CPUを採用と同じく、NvidiaがLAZRのLiDAR採用

    との報道で株価が急騰、11月9日のプレマーケットでLAZRの株価は

    70%超

    急騰の号砲を鳴らしたのです。

    イーロン・マスク氏とRussel氏は曰くつきの仲です。

    【「LiDARに依存する自動運転車に未来はない」とイーロン・マスクが主張】

    【テスラ、ルミナー製センサーを試験-「無用」と断じたマスク氏翻意か】

    2021年5月25日

    マスクCEOは過去に、LiDARは不要だとの少数派意見を声高に述べている。2019年4月には自動運転に関する投資家イベントで「LiDARは無用の長物だ」と言明「LiDARが頼りというのでは絶望的だ」と話していた。

    そのマスク氏が、厚顔無恥にもLAZRのLIDARを試験してるのです。

    【アングル:テスラが自動運転機能からレーダー削除、安全確保は可能か】

    6月6日

    テスラ車が事故を頻繁に起こすのは、殆どのEVメーカーでは

    カメラ、電波を用いるレーダー、光センサーのLiDAR

    の3つの技術を投入も、テスラ車には

    レーダーもなければライダーもなく

    8つのカメラだけ

    しか搭載しないからです。

    レーダー(電波)やライダー(レーザー光)の搭載があれば、対象物までの距離や形が分かります。カメラだけのテスラ車では

    月と信号

    を区別出来ないのです。

    カメラは単に

    人間の視覚代わり

    自動運転レベルの向上には、

    超音波で捕食する蝙蝠、超音波で会話するイルカ、アマゾン川の生態系の頂点にある電気ウナギの

    人間の五感を凌駕するレーザーやライダーは不可欠

    と発想できないマスク氏は浅学菲才の大法螺吹き。

    【日本人はまだ知らない世界が注目する「25歳の自力億万長者」の天才すぎる正体】

    を読めば、常人ならばRusell氏とマスク氏とは

    月と鼈、品行方正と傍若無人、天才と凡才

    と結論付けます。

  • 【総括】

    【テスラが自動運転車を製造する能力がないこと(その1)】

    【米カリフォルニア州、テスラの運転支援機能試験を規制対象とすべきか再検討】

    1月13日 ロイター

    【テスラが自動運転車を製造する能力がないこと(その2)】

    【テスラジャパンのホームページより】

    ドライバーの監視を必要としない機能を実現するには、何百万マイルにもおよぶ経験で裏打ちされた人間のドライバーを超える信頼性を習得する必要があります。同時に

    規制当局による認可

    も必要で、国や地域によっては長い時間がかかると予測されます。一方、

    【ボルボの次世代「自動運転EV」はルミナーのLiDARを標準装備へ】

    Forbes 1月12日

    によれば、

    ■ テスラは、乗用車を自動運転車として運用するための

    「認可をカリフォルニア州の規制当局に申請していない」

    【テスラ、完全自動運転の年内実現は困難=カルフォルニア当局】

    ロイター 5月7日

    【テスラが自動運転車を製造する能力がないこと(その3)】

    【「人間が2つの目で見ているのだから車もカメラ2つで機能するべきだ」とレーダー排除を推し進めたイーロン・マスクの考えとは?】

    《テスラ開発者の内部告発》

    12月10日

    開発者はテスラが2016年に自動運転技術のAutopilot 2.0を宣伝するに当たり作成した動画は

    事前に走行ルートが定められていて

    真に当時の自動運転技術

    を紹介したものではないと指摘。おまけに、

    事前にルートが定められていた

    にも関わらず

    車が道路脇の障害物にぶつかった。

    【結論】

    規制当局から

    「マスクCEOがレベル5の能力について語る際、希望的観測を話している」

    「テスラが規制当局に申請していない」のではなくて「できない」のです。

    つまり、規制当局は、実質的に

    テスラ車が公道を走行するのは危険である

    と門前払い、却下しているのです。

    そればかりか、規制当局は

    テスラ車が公道を走行する

    のを規制する見込みです。

    公道を試運転すら許されないテスラがどうすれば運転レベル3以上の自動運転車を開発できるでしょうか?何よりもまず規制当局の認可を得るにはどうしたらよいのでしょうか?

    テスラは

    自動運転レベル3以上のEV車を製造するつもりもなければ

    その能力もない

    のが現実なのです。

  • 【テスラが自動運転車を製造する能力がないことの証明(その1)】

    【米カリフォルニア州、テスラの運転支援機能試験を規制対象とすべきか再検討へ】速報

    1月13日 ロイター

    米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、米電気自動車(EV)大手テスラの運転支援機能の試験を

    当局の規制対象

    とすべきかどうかを検討していると明らかにした。

    「危険な使い方を示す映像」

    や、テスラ車の衝突事故に関する連邦当局の調査を受けた動きとしている。

    同局はこれまで、テスラの「完全自動運転(FSD)」機能のベータ版(評価版)について、

    運転手による介入が必要であることから、自動運転車の規制対象外

    との見解を示してきた。

    しかし、DMVはカリフォルニア州上院運輸委員会のゴンザレス委員長に宛てた7日付の書簡で

    「最近のソフトウエアのアップデート、その技術の危険な使い方を示す映像、運輸道路交通安全局(NHTSA)の調査、他の専門家の意見を受けて判断を再考している」

    と述べた。

    テスラは同社の先進運転支援ソフトFSDのベータ版の提供を拡大している。

    訓練を受けていない運転手がこの技術を公道で試すことが事実上可能になるため、安全性を懸念する声が上がっていた。

    テスラに批判的な人々は、

    FSD機能が自動運転ではない

    と同社がDMVに伝えることで、州規制を回避できたと主張する。

    車両管理局は

    「現在のプログラムや機能のいかなる拡張を含む、同社車両の技術に関する一段の調査を開始する」

    とテスラに通知したと説明。

    「もし(運転支援)機能の能力がカリフォルニア州の法規における自動運転車の定義を満たした場合、DMVはテスラが必ず自動運転車に関する適切な許可の下で活動するように措置を講じる」

    とした。

    【結論】

    テスラはカリフォルニア州車両管理局によって

    自動運転車の認可を却下

    の憂き目に遭うばかりか

    規制対象

    にされると言う。マスク氏が

    【LiDARに依存する自動運転車に未来はない】

    と挑発したことを

    光学の天才、優しい神童オースティン・ラッセル

    に詫びれば、同氏やNVIDIAは

    事故を招く、万年運転レベル2しか望めない

    テスラに救いの手を差し伸べるでしょう。

    浅学菲才マスク氏

    をテスラから追放する

    ことがテスラの再生の唯一無二の手段となる。

  • 【テスラが自動運転車を製造する能力がないことの証明(その2)】

    【テスラジャパンのホームページより】

    ドライバーの監視を必要としない機能を実現するには、何百万マイルにもおよぶ経験で裏打ちされた人間のドライバーを超える信頼性を習得する必要があります。同時に

    規制当局による認可

    も必要で、国や地域によっては長い時間がかかると予測されます。

    一方、

    【ボルボの次世代「自動運転EV」はルミナーのLiDARを標準装備へ】

    Forbes 1月12日

    によれば、

    ■ テスラは、乗用車を自動運転車として運用するための

    「認可をカリフォルニア州の規制当局に申請していない」

    【テスラ、完全自動運転の年内実現は困難=カルフォルニア当局】

    ロイター 5月7日

    EV大手テスラがカリフォルニア州車両管理局(DMV)に対し、年内に

    完全自動運転車の実現はできない

    可能性を示唆していたことがDMVの内部メモで明らかになった。

    テスラのマスクCEOは1月の決算発表で

    「人間を超える信頼性で車を自動運転させることができる」

    と述べていた。また、マスクCEOは

    「完全自動運転(FSD)」プログラムの試用版

    の機能をツイッターで宣伝していた。しかし、3月9日の会合のDMVの内部メモでは

    「CEOのツイートは現実の技術レベルと一致しない。テスラは現在レベル2にある」

    としている。さらに

    「マスクCEOがレベル5の能力について語る際、希望的観測を話している」

    としている。

    【完全自動運転の実現を待つのは愚策】

    BUSINESS INSIDER 5月17日

    【結論】

    そもそも、テスラには

    自動運転車

    を製造する能力もなければ、その意思もない。あるのは、イーロン・マスク氏の大風呂敷の嘘ばかりです。

    5月7日、テスラはカルフォルニアの規制当局に認可されるどころか

    却下

    されています。そして、5月17日には完全自動運転の実現を待つのは愚策と嘯く。

    テスラのこの豹変は、

    自己の能力の低さを正当化や擁護するために、対象を貶めたり、価値の無いものだと主張して負け惜しみする

    酸っぱい葡萄

    そのもの。一方

    ルミナー・テクノロジーズのLiDAR搭載のボルボ



    認可

    されています。

    光学の天才、優しい神童ラッセルの歩みは、確実に進んでいるのです。

  • 【テスラが自動運転車を製造する能力がないことの証明(その3)】

    【「人間が2つの目で見ているのだから車もカメラ2つで機能するべきだ」とレーダー排除を推し進めたイーロン・マスクの考えとは?】

    《テスラ開発者の内部告発》

    12月10日

    ニューヨーク・タイムズが

    テスラの自動運転技術開発者19人に匿名

    を条件にインタビューを行い、自動運転技術の実情を内部告発しています。

    マスク氏は何度も

    「完全自動運転は間近に迫っている」

    と自社技術を喧伝するも、自動運転技術は

    頓挫

    しています。また、マスク氏は

    「センサーに頼らずともカメラだけで自動運転を実現できる」

    と主張しますが、同紙がインタビューしたテスラ開発者は

    「顧客に誤解させている」

    と語っています。特に、マスク氏は、開発側の反対を押し切り

    「人間が2つの目だけで運転できるから、車も2つのカメラだけで運転できる」

    と繰り返し、自動車へ

    レーダーを搭載することを拒否

    しましたが、テスラ開発者は

    「カメラは目でも何でもない」

    と指摘しています。

    安価なカメラ

    に対し

    高価なライダー技術

    はルミナー・テクノロジーなどから買い取るコストが発生するので

    「自動運転はカメラだけで実現可能だ」

    と主張するマスク氏に対し

    「カメラだけでは不十分だ」

    と反対する開発者がいました。

    2016年にはカメラとレーダーを積んだテスラ・モデルSによる初の

    死亡事故

    が発生し

    レーダーを自社開発する計画は頓挫。

    結局、当初

    カメラ・レーダー・音波センサー

    の3つの技術で開発を行っていたチームは、マスク氏の意向から

    カメラ技術

    のみに重点を置くことにしました。マスク氏の言う

    「完全自動運転(Full Self Driving)」

    に対して、テスラ開発者は

    「自動という言葉を使うべきではない」

    という指摘も飛び、マスク氏の宣伝手法に疑問を抱く開発者

    もいます。

    また、開発者はテスラが2016年に自動運転技術のAutopilot 2.0を宣伝するに当たり作成した動画は

    事前に走行ルートが定められていて

    真に当時の自動運転技術

    を紹介したものではないと指摘。おまけに、

    事前にルートが定められていた

    にも関わらず

    車が道路脇の障害物にぶつかった

    と伝えています。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan