IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

nikkei.com/article/DGXZQOCD071M90X00C22A5000000/

「絵は解釈によって、向かい合う2人の顔にも1本の花瓶にも見える。顔だと長く信じ込んでいた絵が、実は花瓶だったことに気づく『アハ・モーメント(「そうだったのか」と理解する瞬間)』。バフェット氏は、投資家がそれまでの勘違いを悟る転機が『突然訪れる』と予告した。」

SPACブームも中国企業ブームもはじけて、一変した景色に「なぁんだ、そうだったのか!」とようやく酔いが醒めた向きも少なくないのではないでしょうか。