<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

ヘルツ・グローバル・ホールディングス【HTZ】の掲示板

ちゃんとした和訳版

レンタカーのハーツ急落、赤字が市場予想のほぼ3倍-EV売却加速で

1-3月の1株当たり損失は1.28ドル-市場予想は44セント
株価は一時25%安の4.35ドル-上場来安値を更新

25日の米株式市場で、米レンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングスが急落。同社の1-3月(第1四半期)決算は、赤字額がアナリスト予想の3倍近くとなった。業績を圧迫してきたテスラ車の保有を減らすため、電気自動車(EV)の売却を加速させたことが響いた。

  ハーツの25日発表によれば、損失額は3億9200万ドル(約610億円)。1株当たりでは1.28ドルの赤字。アナリスト予想は同44セントの赤字だった。ハーツは、現在売却目的で保有しているEV1万台について、減価償却費として1億9500万ドルを計上した。

  ニューヨーク市場でハーツ株は一時25%安の4.35ドルと、上場来安値を更新した。

  ギル・ウェスト新最高経営責任者(CEO)は、保有するEVの数を適正化し利益への打撃を減らす上で、当面は苦い薬を飲むこともいとわないようだ。EVは従来のガソリン車よりも修理費が高いほか、テスラによる値下げで価値が低下している。


  ウェスト氏は2024年について、「移行の年」だと述べた。

  ハーツは第1四半期に125の拠点を閉鎖。うち多くは空港以外の不採算拠点だった。

  EVの売却には時間がかかる見通しだ。つまり、ハーツは過去2年間に行ったEVへの大きな賭けの巻き戻しに今年の大半を費やすことになる。ハーツは2021年10月にテスラ車を10万台発注。価格が安定して推移し、消費者のEV需要も増えると想定していた。だが全く逆のことが起こった。現在ハーツは、年内に3万台のEVを売却すべく取り組んでいる。