<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

ヘルツ・グローバル・ホールディングス【HTZ】の掲示板

1Qについて
・ハーツ、テスラ事業の縮小で3億9,200万ドルの損失を報告
・予想のほぼ3倍にあたる1株あたり1.28ドルの損失
・年末までに電気自動車3万台の販売を目指す

ハーツ・グローバル・ホールディングスは、過去1年間利益を圧迫してきたテスラ社製モデルの保有台数を削減するために電気自動車の販売を加速したため、アナリスト予想の3倍近い損失を計上した。

同社は、アナリストの1株当たり44セントの損失予想に反して、1株あたり1.28ドル、つまり3億9,200万ドルの損失を出したと発表した。レンタカー会社は、ハーツが現在販売用に保有している追加の1万台のEVの減価償却費として1億9,500万ドルを請求した。

同社は収益予想を達成したが、レンタル料金の低下とコストの上昇をもたらした電気自動車への賭けの失敗を早急に乗り越えようとしている。

通常取引開始前のニューヨーク時間午前8時19分時点で株価は2.4%下落した。ハーツは水曜日の終値までに年初から44%下落していた。

新最高経営責任者(CEO)のギル・ウェスト氏は、ハーツの車両に適切な量のEVを導入し、自動車が会社の利益に与えるダメージを軽減するために、短期的には苦い薬を飲むつもりのようだ。

EVは従来のガソリン車に比べて修理費が高く、テスラが昨年値下げし、今年も値下げを続けたことで価値が下落した。

ウェスト氏は声明で、「保有機材と直接の運航コストが今四半期の業績を圧迫した」と述べた。 「私たちは両方の問題に取り組んでいます。」

「当社は適切な戦略を導入しており、ハーツが株主のために持続可能かつより高い収益を生み出すための明確な道筋が見えています」と同氏は述べた。

それには時間がかかるため、ハーツは支配株主であるナイトヘッド・キャピタル・マネジメントの要請を受けて、過去2年間に掛けた電気自動車への大きな賭けを解くことに今年の大半を費やすことになる。

ハーツは、価格が安定し、賃貸人がすぐに購入できることを期待して、2021年10月に10万台のテスラを発注した。逆のことが起こりました。
同社はそれほど多くのEVを購入することはなく、現在年末までに3万台のEVを販売しようとしている。

ハーツによると、月々の減価償却費は1台当たり592ドルに急増しており、レンタル事業では異例の高額だという。その一因は、同社が一部の販売で利益を上げていた前年同期に中古車価格が大幅に上昇したことだ。
ハーツは、車両1台当たりの月々の減価償却費119ドルは、販売用に保有されている追加のEVに関連していると述べた。

衝突コストは依然として問題です。同社の直接車両営業経費は3%増の14億ドルとなった。衝突や修理費用がなければ横ばいだったはずだ、と同社は述べた。

同社のEV問題に加え、ハーツの業績は他の分野でも低迷した。 1 日あたりの収益は 7% 減の 56.68 ドルとなり、車両稼働率は 76% と若干低下しました。レンタル会社は 80% 以上を望んでいます。

EVに力を入れてきたスティーブン・シャー最高経営責任者(CEO)が先月辞任した。ゼネラル・モーターズ社のクルーズ・ロボタクシー部門の元最高執行責任者であるウェスト氏は、4月1日からハーツのトップ職を務めている。