ここから本文です

ESG×収益力、欧米企業が先行 企業の持続性重視へ新指標

2019年8月12日 2:00 [有料会員限定]

持続的に高収益を上げられると評価できる企業には、欧米勢が多いことがわかった。ESG(環境・社会・企業統治)スコアと自己資本利益率(ROE)を使って評価したところ、上位100社のうち8割を欧米企業が占めた。環境や労働問題など社会の要請に鈍感な企業は顧客や人材、投資マネーを引き寄せられない。日本企業も両方の指標を引き上げる必要がある。

【関連記事】ROESG、世界トップ100社 消費者向けが上位に

株式時価総額300億ドル(約3.2兆円)以上、自己資本比率20%以上の263社を対象に、資本効率を示すROEにESGスコアを乗じた「ROESG」を調べた。

ランキングの算出には伊藤邦雄・一橋大学特任教授の監修を得た。伊藤教授は「ROESG」の概念を提唱している。



企業評価では従来、ROEが重視されてきたが、自動車大手の排ガス不正問題などを受けて、社会に役立つ企業でなければ収益を保てないとの見方が一般的になってきた。投資家も収益力とESGの両立を求めるようになった。

上位30社では9割が欧米企業だった。米企業はROEが高く、欧州企業はESGのスコアが高い傾向はあるが、全般にどちらも高く、両立している企業が多い。

首位はデンマークの医薬大手ノボノルディスクの92ポイント。ROEが79%と高い一方、ESGスコアは上位30に入る1.17だった。収益力と持続力の両方に優れる。

同社は工場の消費電力の77%を再生エネルギーでまかなうほか、発展途上国の子供に無償でインスリンを提供する。社会と経済、環境すべてに配慮する「トリプルボトムライン経営」を1990年代に取り入れた。


5位のエヌビディアはサイバーセキュリティーを重要課題に掲げて委員会を設けるなどESGを重視し、スコアは米企業のなかで、同じIT(情報技術)大手のシスコシステムズに次ぐ2位の1.21だった。


5位なんて凄い☀️
今買っておこうかな(^-^)