ここから本文です

開発費用が営業利益率を下押ししてるわけだが、事業多角化を積極的に図ろうとしてる試みはすごくいいと思います。しばらく値固めする局面に入ると思われますが、新高値を取ってくるでしょう。