ここから本文です

ダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)は5月14日、ノキアソリューションズ&ネットワークス(ノキア、ジョン・ハリントン社長)とディストリビュータ契約を取り交わしたと発表した。

 今回の契約は、ノキアグローバルチャネルパートナープログラムに基づくもので、DISは今後、ノキア製品とソリューションのディストリビュータとして、DISの約1万9000社の販売パートナーに商品を提供することが可能となる。

 ノキアは、LTEをはじめとする無線を中心としたネットワーク製品・ソリューションを開発、販売しており、日本国内外のキャリアに数多くの導入実績をもっている。一方、DISは北海道から沖縄まで全国各地に営業拠点をもち、地域に密着したサービス&サポートの提供により、「顔の見えるディストリビュータ」として、あらゆる地域の顧客にもきめ細かく対応することを強みとしている。

 また、ノキアでは、販売パートナーとの連携強化と販売商流強化により、さまざまな業界の顧客ニーズに柔軟に対応可能な製品開発、ソリューション・サービスの提供といった体制構築に注力している。今回、日本国内で数多くの拠点・実績をもつDISがディストリビュータとして参画することで、さまざまな産業の顧客のIoT化を促進していく。