ここから本文です

通信インフラが2Gのみ地域で利用できるLPWA「EC-GSM-IoT」
Orangeは、Sierra WirelessおよびNokiaと共同で、研究所ベースでのEC-GSM-IoTの実験を2016年末までに完了しており、2017年第1四半期からは、中央ヨーロッパでフィールドテストを開始している。
同社はターゲットを明確に「インドとサハラ砂漠以南のアフリカ、及びラテンアメリカ」と規定しており、このマーケットに向けて2018年の商用サービス開始を計画していた。ただ、現状ではまだEC-GSM-IoTのサービスは開始されておらず、Orange自身も今はLTE Cat.M1のサービス開始に注力している。
(インプレスウォッチより)

株・・・買おうかな・・・。
低電力、広範囲エリアの2G回線を使った農業IOT技術。
・既に存在する技術(実弾)
・新技術に対する優位性。特にコスト面
・ノキアという有力会社
・明確に絞り込んだマーケティング
不安要素
・まだサービスが開始されていない模様。