IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

そもそもAFRMが貸すわけじゃないから返されなくたって損害はない。
あくまでも貸すのは提携している銀行でありAFRMはそこと顧客のやり取りや審査を円滑に進めるためのプラットフォーム。
ただBNPLは従来のカード審査とは全く違う独自の審査方法だから相対的にカード審査通らないような社会的信用度の低い利用者が多くなるというのは当然有り得る。

  • >>321

    >返されなくたって損害はない。
    これほんとですか?
    アニュアルレポート読む限り私にはそうは読めないです。
    アニュアルレポートにこうありますよ

    ◆From consumers, we earn interest income on the simple interest loans that we purchase from our originating bank partners.
    originating bank からloanを購入するとありますが

    ◆If loans facilitated through our platform do not perform, or significantly underperform, we may incur financial losses on the loans we purchase and we hold on our balance sheet, or lose the confidence of our funding sources.
    ここにも貸し倒れリスクが弊社にはありますって書いてます

    ◆When an originating
    bank partner originates a loan, it funds the loan out of its own funds and may subsequently offer and sell the loan to
    us

    loanを発行する法的資格がないからloanを一旦originating bank で発行してもらってそれを購入するようによめますが。

    そもそもrevenueの40%がinterest incomeなんですが、これは何処からきてるのでしょうか?

  • >>321

    >あくまでも貸すのは提携している銀行でありAFRMはそこと顧客のやり取りや審査を円滑に進めるためのプラットフォーム。

    これも間違いです。
    銀行から買うだけじゃなく、Affirm自身も消費者に対しローン債権を直接発行しています。
    これもアニュアルレポートに書いてます。

    あと40%のくだりは、Revenueの40%もローン債権からの受取利息がしめてるんだから「プラットフォーム」運営による収益だけじゃなく金融事業も大きな柱ですよねといういみです。

    どこが情報源が知りませんがアニュアルレポート読んだほうがいいですよ。