ここから本文です

>>900

それって日本国内だけの話ではないですか?
世界のIT広告は毎年10%を超える勢いで成長しており、今後もさらに拡大し続けることが予想されています。また、リーマンショック当時でも勢いは衰えましたが、それでも市場が縮小されることはありませんでした。逆に不景気だからこそ単価が安くターゲットを絞りやすいIT広告に人気が集まりました。
Amazonなどの台頭により、Alphabetの広告売上の成長が下落傾向にあるのは事実ですが、それでも十分に市場拡大の恩恵を受けることができるでしょう。

あえてリスクをあげるとすれば、今後GDPRの規制強化やウォーレンのような反資本主義的な政治家の台頭の方が不況よりも大きなリスクとなるでしょう。