ここから本文です

国内株の利益確定分が、ATの下落と円高で吹っ飛んでいる状態。
分散投資はこういうことなのでしょう。
$33以下に進みそうな下落傾向、いわゆるナンピン買いをしてしまいそうになりますが、
これは場合によっては損失を拡大させる要因になるので、安易にしないと決めている。
円高が思いのほか進んだ場合(105以下)は、別の米国銘柄を数種買うつもり

年末のワーナー買収効果を見込み、長期保有銘柄の分類(配当考慮)ですが
結果的には購入するのが早かったようです
ワーナー買収に関してはトランプが反対の意を示すような記事を見たが
政権としては短命になるような兆しが散見、また、円高も2年は続かないものだ