IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ピボタル・リサーチのアナリスト、マイケル・レビン氏は16日午前の電話インタビューで、売却する株主はインターネット分野から離れつつあるIPO前の投資家の可能性が高いと述べ、同日午後にピンタレスト株の投資判断を「ホールド」から「買い」に引き上げた。

  同氏は「株価がどれだけ後退したかを考えると、現在は実際、かなり投資妙味がある。ショートポジションや悲観的な見方を取る人は多いと思うが、私は決算が非常にポジティブな触媒になると思う」と述べた。

  ウェルズ・ファーゴのアナリスト、ブライアン・フィッツジェラルド氏も同様の見方を示し、「これは決算発表を前にした悲観論だとは受け止めていない」と電子メールでコメントした。

10月31日決算発表どうなるかな〜