ここから本文です

Appleが2019年にインドでiPhoneのハイエンドモデル機種の組み立て、製造を開始することが明らかにされた。台湾の鴻海(ホンハイ)がインドの南部タミルナド州にある現地子会社を通じてiPhone Xなどのハイエンド機種の組み立て、製造を行う。鴻海がインドでiPhoneの製造を行うのは初めてとなり、工場設置に250億ルピー(約400億円)を投資し、現地でインド人25000人以上の雇用が創出される予定。

 Appleは今までにもiPhone SEやiPhone 6Sなどローエンドモデルの組み立て、製造は行っていた。今回、AppleがインドでのiPhoneのハイエンドモデルの組み立て、製造を行う背景には、米中貿易摩擦の影響を回避することがある。iPhoneはほとんどが、中国で組み立て、製造がおこなわれている。そのために中国以外の地域でのiPhoneの組み立て、製造を行うことが迫られている。サムスンはベトナムで大量にスマホの製造を行っているが、ベトナムでも鴻海が工場を設立してiPhoneを製造していくとベトナムの国営メディアは報じていた。

中国→インドに移行すすねぇ