IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

空売り勢は不安よな。

バイデン動きます。

太陽光発電システム大手の米ファースト・ソーラーは9日、米中西部オハイオ州に3番目の太陽光パネル工場を建設すると発表した。6億8000万ドル(約740億円)を投資して約500人を採用し、2023年前半に稼働する。米国の太陽光発電のシェア拡大を見越し、生産能力を増強する。

新工場は薄膜太陽光パネルの生産を手掛け、生産能力は年間3.3ギガワットと全米最大のパネル工場となる。オハイオ州の既存の2工場と合わせて、同社の米国内の生産能力は同6ギガワットに拡大する。

マーク・ウィドマー最高経営責任者(CEO)は「米国の生産能力を2倍以上に増やし、バイデン大統領のクリーンエネルギー目標を支援する」と述べた。同社はオハイオ州に加え、ベトナムとマレーシアにも太陽光パネルの生産拠点をもつ。