IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

残念ながら 金利上昇はマイナス要因です。
米国のモーゲージ金利は現時点で3%前半で安定して推移してますが、これ以上の金利上昇は、総支払金額の内訳の支払い利息金額総額が増えて物件購入額に届かない可能性が危惧されてます。最近のインフレ懸念により物件価格が上昇しやすくなり、
ますます買い手には希望物件に手が届かなくなる可能性もあります。それが売買件数の低下につながる恐れがあるからです。米国10年債の利回りが1.50%を超えたら、要注意です。