IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

GILDが21Q3決算で圧倒的にbeatしたにも関わらず株価が大きく下落した原因については、Yahoo Finance (米国版)に関連記事が載っていました。要約すれば、1) beatした要因はレムデシビル(R)の売り上げの大幅増加であり、これが他の製品の売上高不振(HIV治療のトルバダとアトリプラの米国市場での独占権喪失を含む)を相殺していた、2) 抗がん剤(トロデルビーとマグロリマブ)の臨床試験のタイムラインが後ずれすることが有効性の不安を与えている、3)Rの今後の売上高については、予想が困難になっている(低下するだろうというニュアンス)、以上が株価下落の要因であろうと、RBC CapitalMarketsのBrian Abrahamsがクライアントへのレポートで述べている。しかし彼はGILDの評価、outperform(目標株価=$86)を維持するとのこと。株価下落の決定的要因ははっきりしませんが、このような見方もあるということです。早急に読んでみたので間違いがあったらご容赦。詳細はYahoo Financeでご覧ください。